PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に

荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。引っ越しの前日までに、忘れず庫内を空にして、電源を切っておき、一晩で下の水滴貯めパレットに水がたまるため、捨てておけばあとは運ぶだけです。


ですから、庫内のものは使い切れるように計画を立て、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、冷蔵庫のない生活に備えなくてはなりません。この前の土日で、引っ越しを済ませました。



引っ越し作業が全て終わり、夕方になって部屋の明かりをつけて「ここが新しい家なんだ」とジーンときました。


そんなこともあって、その日の夕食はいつもならとても手が出ない宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して祝杯を挙げました。期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。


私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、子供はちょうど1歳でした。引っ越して、小さい子でも何かと変わったことを感じていたようで少しストレスを感じていたようです。



案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に片端から仕分けて捨てることになりました。片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。
一年くらい前の様子も、とても懐かしいと思ったのを覚えています。

家中のものを引っ越しのために整理していると、不要品はどこの世帯からも出ます。処分をどうするか考えなくてはなりません。

そこで、ちょっと確認してほしいのは多くの引っ越し業者が行っている、不要品を引き取るサービスです。

ものによっては、一部の業者がお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルといった名目をつけてただで引き取ってくれることもあるので、問い合わせるだけの価値はあります。


大手の引っ越し業者の一つであり、着実に実績を築いているのが印象的なCMで知られる引っ越しのサカイです。
170社以上の支店を全国展開しており、3500台以上の自社が保有する車によって多様なニーズに応えられる引っ越しを期待できます。

細やかなサービスができるよう、スタッフの仕事も一定の水準を保っているのでどの世帯の引っ越しも安心して任せられます。引っ越しの前日までに、短時間で良いので引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。

何時に業者が来る予定か、何時までに作業を終えなければならないかという確認をします。



荷物は運びやすいように移動しておきましょう。

業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に冷たい飲み物の準備をしておきましょう。



熱中症予防のためにも、飲み物があると夏場は本当に喜ばれるものです。
引っ越しを業者に依頼する場合、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、一社、あるいは複数の業者に見積もりを依頼し、自分たちが納得いく結果が出れば、業者に引っ越しの正式な依頼を行います。費用の問題で、荷物の全てまたは一部についてご自身で荷造りすることになれば段ボールなど梱包材は業者からもらえるので、当日までに終わらせます。引っ越し当日は、作業の流れについてすべて業者に任せて大丈夫です。引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら通常の引っ越しパックを利用するよりも引越し業者の単身世帯をターゲットにしたサービスを探していくと予算面ではかなりお得です。

専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く荷物が少ない人しか使えないという思い込みがありますが、運べる荷物は結構多いのです。
コンテナに荷物が入りきれないならば、残りは宅配便などの利用を考えましょう。
先日引っ越しをしましたが、大きい家具だけ業者に運んでもらい、運べるものはできるだけ自分たちでやりました。



そうした荷物の移動を終えた後で、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。

いろいろなハプニングもありましたが、いろいろな人が手をさしのべてくれて本当にありがたいことです。
ご近所への挨拶も済ませ、荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。

どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、役所に転出届と転入届を出すことが挙げられます。転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。その後、転入先の市区町村の役所に届け出て転入の手続きをします。
当たり前のこととして、転出届を持って行かないと転入先での手続きができないことにもくれぐれも注意してください。
税金や社会保険などの根拠になりますので引っ越し後、できるだけ早く手続きをしておきましょう。

これまでの人生の中で、引っ越しが多くな

これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては引っ越しするということは、生涯の中でも生活の一大転換になる出来事ですが、数々の大変な事態に陥ることも想定しておいた方が良いです。

引っ越し当日は特に忙しいものですが、仕事が重なってしまったときに想定外の事態が生じると、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。
引っ越しは先週末に終わりました。


引っ越しを終えた日に夕方、部屋の電気をつけて、「ここが新しい家なんだ」と実感がわきました。

その後、思い切って奮発し、普段は食べられないような宅配のピザとお寿司、お気に入りのワインを並べて引っ越しが無事終わったお祝いをしました。



まだ残っている片付けもがんばります。軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。ちょっとした荷造りでも、カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、手を傷つけることも珍しくありません。荷物を移動させるときのことを考えても、荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。

ここで注意してほしいのは、自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手でなくてはなりません。


手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。

この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、どうしてもすっきりしないことがあったんです。


実は、液晶テレビを運ぶのには特別な保険が必要だと言われたのです。わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入したときの価格が30万円以上の品は、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。

業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのか他の方のお話を聞きたいです。
法律上、賃貸物件からの引っ越しの場合、原状回復しなくてはいけないことになっています。

経年劣化も考慮しなくてはなりません。
入居者による破壊や破損と判断されると修理費用の請求につながることが普通ですが、日焼けなど、避けられない変化は回復義務は生じないことが多いです。余計な心配をしないで済むよう、慎重に暮らすのが退去時に請求される費用を減らすことにつながります。


引っ越しを一度でも経験すれば誰でも思い当たることでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。私も何度か引っ越しを経験してきましたが、簡単な手続きをすれば解約はできます。



旧居を引きあげる前に解約しておかないと、請求は自分のところに来てしまうのでもれがないようにしましょう。しかも、引っ越した月の末日まで自分が支払うルールになっています。
荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、思わぬ騒ぎになったという話もあります。冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切ってそのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば他にやることはありません。
冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、前日までに計画的に消費し、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして冷蔵庫を使わなくても済むように準備しましょう。


部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面は引っ越しの内容が変わらなくても引っ越す時期によって決まります。

旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、基本料金からして高くなるようです。
もしできるなら、繁忙期以外の閑散期に依頼できると費用面では断然お得です。



費用の差が倍近くになる業者もあります。


住環境を快適に保つということは、住居の中だけだと思ったら大間違いです。
ご近所との関係があればこそ、住環境が成り立つのです。

よりよい関係づくりの手始めとして、引っ越し時の挨拶はその日のうちに済ませるべきです。
おみやげを用意した上で挨拶に伺いましょう。簡単な挨拶で構いませんから、好印象を与えるようにしてください。

第一印象を良くすることが肝心です。
どちらかといえば、引っ越しが多いほうです。

どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。
引っ越し直前というのは、体力の消耗もかなりのものですから、引っ越しする前日の夜にお風呂で手足を伸ばして温まり、疲労を回復させたいのです。


引っ越し当日も、作業の合間に温かいものが飲めるとふと緊張が解けることがあります。

引っ越しして住民票を動かすと、それに

引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きの筆頭といえば、運転免許証の住所変更を申請することでしょう。


多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。
住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を出した上で、必要事項を書いて出せば手続きは比較的早く終わります。いわゆる引っ越し好きの方なら別ですが、それ以外の方にとっては往々にして、引っ越しは一生でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、だからこそ、予期せぬ出来事が起きることも予想しておく必要があります。
引っ越し当日はみんな忙しいのに、いろいろな仕事が集中したときに何か一つが狂ってしまうと当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。予定は余裕を持って立てておき、前日までにやり残しがないようにしておかなくてはなりません。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もりをとってから引っ越しの業者を決めましょう。



一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、直接見てもらうことが難しければどんな荷物がどのくらいあるかを電話で伝えることでいくらくらいかを教えてもらえます。他の業者はいくらだったというと標準価格から引いてくれることもあるので、時間が許せば複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。

思いもよらない問題に突き当たるのが引っ越しですが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。

私が引っ越したときは、新築だったため新しいガスコンロが用意されていましたが家具が備え付けられた住宅の場合には、引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。
ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。

ガスコンロを転居後も使おうとするか、買い換えを検討しているならば、新居のガスは何か、確認が必要です。

単身で引っ越しするとき引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。ワンルームに住むとすれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。

さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、新居の玄関からベッドを入れられないといった困った事態になることもあります。
そのような事態が考えられるのなら、布団の生活をスタートしてみるのもいいかもしれません。あこがれの年金生活ではありますが、生活が大きく変わることは避けられません。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。
今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。
特に、賃貸にお住まいのご家庭では家賃負担が大きくなることが予想されます。もっと負担の少ないところに引っ越すのも選択肢の一つでしょう。先週末に引っ越しました。

新居に入った日、入り口の電気をつけたときに「もう自分の家になったんだ」とジーンときました。



そんなこともあって、その日の夕食はちょっとぜいたくをしてピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しが無事終わったお祝いをしました。

まだ残っている片付けもがんばります。



新居を建てて、数年前に引っ越ししたときに、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるよう全力を尽くしました。なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、詰め込めるだけのクッション材を詰めて梱包しました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、中身に全く問題なく運ばれました。
外側も傷一つありませんでした。


日通が引っ越しも扱っていることは、「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、引っ越し事業が広く知られるようになっています。一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき会社名は引越社、引越センターに決まっていた先入観がありました。あちこちの運送会社は、近頃、一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。

そのような運送会社はたくさんありますが、日通のような大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。

全国共通の引っ越し必須グッズがあります。いわゆる荷造り用品の、ダンボール、テープ類、ひも等です。買うことや譲ってもらうこともできますが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかで契約のお礼として引っ越しグッズを必要な分だけもらえることが多いのです。

契約成立でもらえるものが、結局ダブってしまったと後悔しないよう、まずは見積もり依頼の時に念を入れて確かめてください。



引越し相場
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.