PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE > この町の会社に勤めはじめた10年

この町の会社に勤めはじめた10年

この町の会社に勤めはじめた10年前に、今のアパートに引っ越すことになりました。初めは3年くらいのつもりで実家の近くに転職したかったので住所変更しなくても良いと思っていました。ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、辞めるタイミングが見つからず、結婚の話まで出てきて、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、今さらですが、住民票を動かしたいのです。


今まで忘れられていたものも、引っ越しの時に整理しなくてはなりませんが、不要品は必ず出てきます。
様々なものを処分するのは大変です。


そんなときぜひ利用してほしいのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスなのです。


また、業者によっては、ものによってですがもともと有料で処分するべきものをリサイクルということで無料回収を行うところもあるので必ず調べてみましょう。あこがれの年金生活ではありますが、生活が大きく変わることは避けられません。この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。
現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。

まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら月々の家賃負担について、改めて考える必要があります。

もっと負担の少ないところに引っ越すのも選択肢の一つでしょう。
先週末に引っ越しました。引っ越しを終えた日に玄関の明かりをつけたとき、「これからはここが自分の家だ」と嬉しくなりました。

その日の夜は、思い切ってちょっとぜいたくをしてピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきてみんなでささやかな乾杯をしました。
まだ残っている片付けもがんばります。
賃貸の物件から引っ越す場合には、原状回復しなくてはいけないことになっています。

しかし入居中に経年劣化することも確かです。入居者が壊したことが明らかとされれば修理費用の請求につながることが普通ですが、日焼けなどの退色や自然な質感の変化と見なされれば回復義務は発生しないのが普通です。

賃貸の場合、住宅を傷つけないように暮らすのが無難な道だと言って良いでしょう。


この間、引っ越しまして、当日までの準備は大変でした。マンションに住んでいたし、一階ではなかったので引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。しかし、近所への引っ越しだったので大きな荷物以外は自分で計画を立て台車を借りて運び出し、転居先に運びました。
台車一台で、よくも運んだものです。

引っ越しも、単身世帯だと引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。
ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあると相当狭くなります。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも新居の玄関からベッドを入れられないといった問題も起こるものです。

そういうことを心配するより、とりあえず布団の生活をスタートしてみるのも結構適応できるのではないでしょうか。
冷蔵庫をすぐ出せるように準備しておくのを忘れ、運び出すまでに時間がかかってしまったというケースもあるそうです。

冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内にものがないようにして、スイッチも全て切ってそのうちに水滴貯めパレットに水が貯まってくるので、全て捨てれば準備は完璧です。


当然ながら、生ものや氷は、前日までに食べきれるようにして、購入するのも計画的にして、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。一人暮らしの方が引っ越すなら、一般的な引っ越しプランを使うよりも単身者専用のサービスを探してみると費用もコンパクトにできます。


多くは専用コンテナに荷物を収めるので、大して荷物が入れられないという先入観をもたれますが、大きさはともかく、量的には意外に多く運べます。コンテナに収められなかったものがあれば宅配便など、他のサービスを使ってみてください。基本的な引っ越しの流れですが、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、まずは業者に見積もりを出してもらって、こちらの要望との折り合いがつけば、作業を依頼する正式な契約を交わします。全面的に荷造りを任せるのでなく、荷造りを自前ですすめる場合は、段ボールなどの梱包材をもらっておき、引っ越し当日までに終えておきます。引っ越し当日は、作業の流れについて業者が仕切ってくれると考えてください。
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.