PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE > 職住接近したい、家族の人数が変わった

職住接近したい、家族の人数が変わった

職住接近したい、家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。

その際、不要になったものや着なくなった服など思い切って処分して、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。
もっとも、布団類は引っ越しで処分することは少なく、今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。一日のうち何時間かは必ず使うものですからなかなか手放せないものかもしれません。今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえわからないということがごく普通になっています。



そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときに助け合うくらいのつながりがあった方が良いでしょう。

良好な関係を作り出す手始めとしては、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、お隣に挨拶に行くことがまず必要です。


全て自分で行うのではなく、業者に依頼する引っ越しであれば、引っ越しの場所や日程などが決まれば、いくらぐらいかかるかなどを決めるため、業者に見積もりを出してもらい業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、はじめて今後の作業を依頼することになります。


全面的に荷造りを任せるのでなく、荷造りを自前ですすめる場合は、業者から必要な梱包材をもらい、準備しておきます。



引っ越し当日は、作業の流れについて業者に任せておけばスムーズに進みます。電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのが引っ越し先でインターネットが使えるかどうかです。

当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、これで引っ越し完了と思ったところで、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、ということになりかねません。引っ越しが多い時期だと移転手続きや工事にも時間がかかりますので、プロバイダーに移転の連絡をするだけでも、早めにしておくのが鉄則です。


けっこう多くの世帯で、引っ越すときに公共料金の支払いなど、生活の様々な面を改めて検討するでしょうが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかもこれを機にちょっと考えてみませんか。


引っ越しをきっかけにテレビのない生活を送るならば、継続して受信料を払う必要もなくなるので、まず、引き落としされていれば中断して、NHKに解約手続きを申し込むことを面倒でもやってみましょう。


引っ越しの準備はいろいろありますが、誰でも必須なのが転出届を提出し、受理してもらうことです。
これは、今住んでいる市区町村で手続きします。役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。


転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。この手続きは、転居する2週間前くらいから可能になっているようです。軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。

たとえば、荷造りをしているときです。カッターやはさみを使った慣れない作業が続くので、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。
荷物移動の際には、言うまでもなく指詰めの危険性を考えないといけません。


安い軍手を選べば良いのではなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。今、来月の引っ越しのために準備していますが、荷物の中にピアノを入れるか手放すのかが悩みの種です。持っていっても弾かないのでピアノもかわいそうかもしれません。


これを処分するにしても無料では済まないだろうし、悩みは尽きません。


誰かがもらってくれることを願っていますが、そういう方もなかなかいないものですね。
自分の引っ越しでは、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。ものの移動だけ終わらせて、市役所に行って住民票の移動も終えてきました。いろいろなハプニングもありましたが、いろいろな人が手をさしのべてくれて感謝の一言です。両隣にも挨拶に伺いました。まだ片付けはたくさん残っていますが、がんばるしかありません。



単身世帯の引っ越しでは、一般的な引っ越しプランを使うよりも単身者向けパックを利用してみると費用もコンパクトにできます。

専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので荷物が少ない人しか使えないと考える方が多いでしょうが、運べる荷物は結構多いのです。

コンテナに収められなかったものがあれば宅配便など、他のサービスを使ってみてください。
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.