PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE > 学校や職場から便利なところに住みたい

学校や職場から便利なところに住みたい

学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。


その際、不要になったものや古くなった服などはどんどん手放して、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。
それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。


自分になじんでいるものなのでなかなか手放せないものかもしれません。荷物を搬出するときまでに冷蔵庫の準備が間に合わず、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。前日までに、冷蔵庫については冷蔵庫内のものを出しておき、その後、スイッチを切って一番下の水滴貯めパレットに貯まった水を捨てておけば準備完了です。

庫内のもの、とりわけ生もの、氷などは前日までに食べきれるようにして、冷蔵や冷凍のものは買わないように努め、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。一世帯がまるまる引っ越すとなると、当日はやるべきことに追われてしまい、朝から晩までの作業になることは必然ですから、前倒しにできることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は最優先事項ですが、引っ越す日まで使いそうなものは、運び出す荷物とは分けて取り出しやすく、片付けやすくしておかなければなりません。引っ越し業者も星の数ほどありますが、実績を知られているのはパンダマークの引っ越しのサカイになります。

支店は全国に170社以上あり、車は自社の保有だけで3500台以上に及ぶので、大手らしく、充実したサービスを期待できます。

サービスを細分化しているだけでなくどのスタッフもきちんと仕事をしているのでいろいろなケースも信頼して任せることができます。退職して年金をもらうようになると、今までとは全く違う生活になります。



これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。



いま現在、マンションにお住まいか、持ち家かにかかわらず、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。

とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃を払い続けられるかが問題になってきます。
退職金などを元手に、引っ越しを考えるのも今はごく当たり前の話です。私が社会に出て間もない頃、学生の時からの友達と一緒に生活していました。アパートだと、ペットを飼えないところが多く一緒に住む友達は猫を連れていたので猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。不動産屋さんにも何度も問い合わせて猫が飼える物件に出会いました。すぐに入居でき、私も、友達も、猫も満足できました。引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きが結構ありますが、その一つが自動車などの運転免許証を住所変更することです。運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住民票を移動したら、早めに手続きしましょう。

転入した先の警察署で、交通課に運転免許証と新しい本人分の住民票(写しで良い。


住所変更してあれば、健康保険証、公共料金領収書などでも良い)を窓口受付時間内に提出し、必要事項を記入して少し待てば手続きは完了です。
現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、よく荷物を届けてもらっていたヤマト運輸で、単身引っ越しサービスをお願いしました。専門の業者にお願いした引っ越しというのは初めてでした。ですから電話でも緊張していたのを覚えています。
しかし、どのスタッフの方も対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、全く問題なく引っ越しを終えることができました。
今度引っ越しするときも、同じ業者に依頼したいです。
引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。


クローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、使わないものをためこんでいたことがわかって呆れかえりました。特に服は何年も着ていないものばかりでした。



引っ越しの荷物作りを機に今までためこんでいたものを捨てられて、クローゼットも、自分の心の引き出しも整理することができました。引っ越しを契機として今後NHKは見ないという見通しがあり、NHKに解約の連絡をすると、NHKを受信していないことを証明する手続きなど思わぬ手間をとられます。また、受信料を口座引き落としにしていると、解約手続きで時間をとられている間に、容赦なく受信料が引き落とされます。他の手続きよりも早めに解約に向けて動かなければなりません。
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.