PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE > 基本的な引っ越しの流れですが、今回の引っ越

基本的な引っ越しの流れですが、今回の引っ越

基本的な引っ越しの流れですが、今回の引っ越しの日程などが明らかになったところでまずは業者に見積もりを出してもらって、こちらの要望との折り合いがつけば、はじめて今後の作業を依頼することになります。



業者に荷造りを丸投げせず、ご自分で荷造りを進めるお考えなら、梱包材は業者が用意しているので、それを使って準備を進めておきます。
当日は、特に取り決めていない限り、流れは全面的に業者に任せるのが普通です。
引っ越し業者の費用の相場は、引っ越しの内容が変わらなくても時期が決めるといっても過言ではありません。

特に、年度末や夏、冬の休みでは繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため基本料金からして高くなるようです。



このことから、できる限り繁忙期を外して引っ越しできればどの業者でもお得に引っ越しできます。


業者によっては、時期によって倍近く費用が違うところもあります。



この間、引っ越しの前に業者さんから見積もりを出してもらいましたが、えっと思うようなことがありました。当然のように、液晶テレビの運搬では保険をかけないと契約できないと言われました。



わが家には40型の液晶テレビがありましたが、明らかに購入価格が30万円以上のため、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、もうちょっと粘れば良かったのか他の方のお話を聞きたいです。

引っ越しも一家で行おうとすると、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、朝から晩までの作業になることは必然ですから、事前準備ができそうなことは済ませておけば安心できます。
引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを絶対条件としても、日用品など、引っ越す日まで使うと思うものは他の荷物と一緒にならないようにし、使いやすくしておいた方が良いでしょう。快適で安全な住環境を構成しているのは住居の中だけとは限りません。



良好なご近所関係も住環境の一部です。良好な関係を作るために、まずは引っ越しの時に挨拶をその日中に終わらせましょう。

おみやげを用意した上で伺うのが良いでしょう。

簡単な挨拶で構いませんから、好印象を与えるようにしてください。
どんな人間関係も、第一印象で決まります。
引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、引っ越し事業が広く知られるようになっています。
昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるのが当然だと思っていました。運送会社の多くが最近になって単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。


日通のように、運送会社の中でも大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。引っ越し費用を一円でも減らしたければ、見積もり価格を見てから、引っ越し業者を決めることをすすめます。正しい見積もりは業者に来てもらうしかないのですが、業者に来てもらうことが困難であればどんな荷物がどのくらいあるかを電話で伝えることで最適なプランを教えてくれます。他の業者はいくらだったというと標準価格から引いてくれることもあるので、どうにか時間を作って複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば次の生活に対応するためにどうしてもお金がかかるものです。


引っ越しで業者を利用するにしても一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。少しでも安くできるかどうか、料金システムを調べてみませんか。

割引サービスがある場合、その条件として人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にかなりお安くしてくれるのでできることなら、そこをねらって引っ越しできるようにしていきましょう。
引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら通常のサービスを使って引っ越すより、単身者向けパックを利用してみると引っ越し費用を抑えられます。

専用コンテナに収まる荷物だけを運んでくれることが多く運べる荷物は多くないという先入観をもたれますが、荷物は案外たくさん収められます。

コンテナに荷物が入りきれないならば、残りは宅配便などの利用を考えましょう。



生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、様々な側面から、生活そのものを再点検するでしょうが、NHK受信料を支払うかどうかも今後の対策を考える時です。


もし、引っ越し先でテレビがないとすれば受信料という無駄なお金を払う必要もないので、受信料を引き落としにしている場合は中止の手続きをして、転居後は解約するよう進めていくことをぜひ検討してください。
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.