PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE > 引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ

引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ

引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば生活の様々な点で変化が起こり物入りになるのはみんな同じで、引っ越し作業を業者に依頼するとしても予算の削減を図っていきたいですよね。
手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。

割引サービスがある場合、その条件として普通引っ越しが少ないとされる時期に引っ越しすることで基本料金から安くしてくれることが多いため割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、どうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。



一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。

ちょっとしたことで、割れ物も強度が増すようになります。


ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、一個ずつ底から包むのが基本です。新聞紙を丸め、くしゃくしゃにしてから伸ばして使うとクッションとしての役割がより高まります。



持ち手や取っ手がある器の場合は、強度を上げるため、突起部分をまず包みましょう。数多くのものに囲まれた生活を日々送っている方にとって、引っ越しの最大の障壁は全て荷造りできるのかということです。

ものの多さの余り、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、引っ越しを一つのきっかけにして断捨離に徹すれば身の周りがかなり整理されるのではないでしょうか。


引っ越しして住民票を動かすと、それに伴う手続きに含まれるのが運転免許証の住所変更届です。



運転免許証は幅広く使える写真付き身分証明書なので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。


引っ越した先の管轄警察署に、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を提出して、必要事項を記入して少し待てば記載事項の変更ができます。
忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがインターネット回線の移転手続きです。
引っ越し先の状況によって対応も違ってきますが、引っ越しの手続きは全て終わったと思っていても、肝心のネット回線が通じていなかった、そういう話は実際にあるのです。年度替わりの時期には、数週間待たないと工事ができないということもありますので、いくら早くても問題はないので、プロバイダーへの連絡だけでも抜けのないよう、早めに終わらせましょう。単身者が引っ越す場合、一般的な引っ越しプランを使うよりも単身者向けパックを使うようにすると引っ越し費用を抑えられます。


専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので少しの荷物しか運べないと決めつけられそうですが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。若干荷物がはみ出すようなら、残りは宅配便などの利用を考えましょう。

いよいよ年金生活というと、生活の大きな変化を余儀なくされます。


これを機会に、生活環境を変えるのも一つの手です。

現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、生活パターンが大きく変われば、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。

これまでのお住まいが借家や賃貸住宅の場合は家賃負担が大きくなることが予想されます。ここで思い切って、住環境を変えてみるのも賢明な選択だと言えます。荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器はまた格別です。
お皿やグラスといった割れ物は特に、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。

それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで特別な箱に詰めるなど、何重にも注意をして荷造りしておくと途中で壊れてしまう危険性はだいぶ減るでしょうね。

ご自分の車がある方は、引っ越しのとき車も住所変更の届を出さなくてはなりません。
そのときナンバープレートも変更になるかとちょっと気がかりな問題です。引っ越しによってナンバープレートの変更があるかどうかを決めるのは、引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。

その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバーは変わらなくなります。管轄する陸運局が変わればナンバープレートも変更しなくてはなりません。



現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。全面的に専門の業者に任せた引っ越しというのは初めてでした。

ですから最初の電話から、緊張の連続でした。

最初から最後まで、それぞれのスタッフの方に対応も作業も終始丁寧に行っていただいたので、引っ越しが終わるまで、安心して任せていました。今度引っ越しするときも、ぜひお願いしたいと思います。
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.