PAGE TOP

新しい生活へ生まれ変わる時

TOPPAGE > 多くの方は、引っ越しを契機として公共料金の支

多くの方は、引っ越しを契機として公共料金の支

多くの方は、引っ越しを契機として公共料金の支払いなど、生活の様々な面を再点検するでしょうが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも検討しなければならないでしょう。もし、引っ越し先でテレビがないとすればどう考えても受信料を払う必要はありません。
まず、引き落としされていれば中断して、NHKに解約を申し出る手続きを思い切って実行しましょう。
単身世帯の引っ越しでは、引っ越しサービスも通常のパックではなく、単身者向けパックを使うようにすると引っ越し費用を抑えられます。
こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く大して荷物が入れられないと決めつけられそうですが、大きさはともかく、量的には意外に多く運べます。それでも若干の荷物が余ってしまったら、同じ業者の宅配サービスを利用してください。

いよいよ年金生活というと、生活が大きく変わることは避けられません。この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。

今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、生活パターンが大きく変われば、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。まず考えられることとして、借家や賃貸マンション、アパートにお住まいでしたら家賃を払い続けられるかが問題になってきます。もっと負担の少ないところに引っ越すのも選択肢の一つでしょう。

この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、ここまでいらないものばかりだったかと仕分けが大変でした。

服をみると何年もしまい込んでいたものが多かったのです。

結果として、引っ越しをきっかけに不要なものを片付けることができて、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちもスッキリしました。
引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、引っ越し事業が広く知られるようになっています。一般家庭向けの引っ越し業者を調べたとき引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名である思い込みがあったかもしれません。

運送会社の多くが最近になって単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。
おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。
引っ越しは段取りが一番大事です。


十分な大きさと量のダンボールを揃え、当面使わないものから梱包しましょう。日常的に使うものをのぞき、ざっと分類して梱包するのが普通です。何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくとより片付けしやすくなるでしょう。

電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも抜け落ちないように気をつけてください。今、来月の引っ越しのために準備していますが、ピアノを引っ越しの荷物にするか手放すのかが悩みの種です。
誰もピアノを弾くことはなく、ただの飾りにしかなりません。

一方、捨てるというのもそれなりの費用がかかると思いますし、悩みは尽きません。誰かがもらってくれることを願っていますが、そういう方もなかなかいないものですね。
軍手こそ、引っ越し作業になくてはならないものです。



たとえば、荷造りをしているときです。

カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、手を傷つけることも珍しくありません。

また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を考えないといけません。軍手を用意するときに注意しておきましょう。

自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手でないと役に立ちません。
それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。もし、引っ越しされる方が車をお持ちならば、自動車も住所変更を行うことになりますが、そうしたらナンバープレートも変わることになるのか気がかりだと思います。日本全国どこでも、ナンバープレートの変更があるかどうかは引っ越した先がどこの陸運局の管轄かで分かれます。その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければナンバーは変わらなくなります。

管轄する陸運局が変わればナンバープレートも変更されるというのが決まりです。

生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しももう一度見直してみましょう。



現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、やはり電話回線を使い続けたいとすれば、転居後の回線利用を確保するための意外と時間がかかるやりとりが生じます。
取りかかりが遅くなり、契約が引っ越しに間に合わなければ、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、引っ越しを決めたらできるだけ早めに移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。
Copyright (C) 2014 新しい生活へ生まれ変わる時 All Rights Reserved.